ヘアスタイリスト得々情報 週刊「スタイリスト情報」

過去問題DB ID: Password:

ジャンル別検索

関係法規 - 免許

問題 理容師法で定める変更手続きに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
(1)理容師が氏名を変更した場合は、30日以内に理容師名簿の訂正を申請しなければならない。
(2)理容師が住所を変更した場合は、30日以内に理容師名簿の訂正を申請しなければならない。
(3)開設した理容所の営業について定休日を変更した場合は、すみやかに変更の届出を提出しなければならない。
(4)相続等により理容所の開設者の地位を承継した場合は、新たに理容所の開設の届出を提出しなければならない。
(第42回 2020年9月6日出題)
問題 理容師の免許に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)理容師名簿に登録されなければ、理容を業としてはならない。
(2)本籍地の都道府県名を変えたときは、免許証(免許証明書)の書換え交付を申請することができる。
(3)理容師が、理容の業を行う場合に講ずべき措置に違反し、業務停止処分を受けたときは、処分を行った者にすみやかに免許証(免許証明書)を提出することとなっている。
(4)免許証(免許証明書)を紛失したときは、住所地の都道府県知事等に免許証(免許証明書)の再交付を申請しなければならない。
(第42回 2020年9月6日出題)
問題 理容師の業務に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)理容師が美容所で美容の業を行うには、美容師の免許が必要である。
(2)日本の国籍を有しない者は、理容師免許を取得することができない。
(3)理容師の資格は、取消処分を受けない限り、有効期限の制限はない。
(4)伝染性の疾病にかかり、その就業が公衆衛生上不適当と認められる場合は、そのことにより、業務停止処分の対象となる。
(第41回 2020年3月1日出題)