ヘアスタイリスト得々情報 週刊「スタイリスト情報」

過去問題DB ID: Password:

ジャンル別検索

衛生管理(衛生管理技術) - 逆性石けん

問題 理容師法施行規則に定められた消毒方法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
a.血液の付着していない器具の消毒は、逆性石けんが0.1%以上の水溶液に10分間以上浸す。
b.血液の付着した器具の消毒は、1cm2当たり85マイクロワット以上の紫外線を20分間以上照射する。
c.血液の付着した器具の消毒は、76.9~81.4%のエタノール水溶液を含ませた綿又はガーゼで器具の表面を拭く。
d.血液の付着していない器具の消毒は、沸騰後2分間以上煮沸する。
(1)aとb
(2)bとc
(3)cとd
(4)aとd
(第40回・旧試験 2019年9月1日出題)
問題 病原微生物の抵抗力に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)結核菌は、塩素剤に対して抵抗力が弱い。
(2)破傷風菌は、熱に対して抵抗力が強い。
(3)赤痢菌は、熱に対して抵抗力が弱い。
(4)ウイルスは、逆性石けんに対して抵抗力が強い。
(第40回・旧試験 2019年9月1日出題)
問題 消毒薬の特徴に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)次亜塩素酸ナトリウムは、ウイルスに対して効果がある。
(2)エタノールは、芽胞を有する細菌の芽胞に効果がある。
(3)両性界面活性剤は、結核菌に効果がある。
(4)逆性石けんは、結核菌には効果がない。
(第40回・旧試験 2019年9月1日出題)
問題 血液が付着したタオルの消毒の方法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
a.80℃を超える温度で10分間蒸気消毒する。
b.逆性石けんが0.1%の水溶液に10分間浸す。
c.沸騰後2分間煮沸する。
d.次亜塩素酸ナトリウムが0.1%の水溶液に10分間浸す。
(1)aとb
(2)bとc
(3)cとd
(4)aとd
(第40回・旧試験 2019年9月1日出題)