ヘアスタイリスト得々情報 週刊「スタイリスト情報」

過去問題DB ID: Password:

ジャンル別検索

衛生管理(衛生管理技術) - 血液付着有無による消毒法

問題 理容師法施行規則に定められた消毒方法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
a.血液の付着していない器具の消毒は、逆性石けんが0.1%以上の水溶液に10分間以上浸す。
b.血液の付着した器具の消毒は、1cm2当たり85マイクロワット以上の紫外線を20分間以上照射する。
c.血液の付着した器具の消毒は、76.9~81.4%のエタノール水溶液を含ませた綿又はガーゼで器具の表面を拭く。
d.血液の付着していない器具の消毒は、沸騰後2分間以上煮沸する。
(1)aとb
(2)bとc
(3)cとd
(4)aとd
(第40回・旧試験 2019年9月1日出題)
問題 血液が付着したタオルの消毒の方法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
a.80℃を超える温度で10分間蒸気消毒する。
b.逆性石けんが0.1%の水溶液に10分間浸す。
c.沸騰後2分間煮沸する。
d.次亜塩素酸ナトリウムが0.1%の水溶液に10分間浸す。
(1)aとb
(2)bとc
(3)cとd
(4)aとd
(第40回・旧試験 2019年9月1日出題)

衛生管理(衛生管理技術) - 血液付着有無による消毒法

問題 理容師法施行規則で定める蒸気消毒と煮沸消毒に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
(1)蒸気消毒は、血液が付着している器具に適用できる。
(2)煮沸消毒は、血液が付着している器具に適用できる。
(3)蒸気消毒は、細菌の芽胞に対して効果がある。
(4)煮沸消毒は、細菌の芽胞に対して効果がある。
(第41回 2020年3月1日出題)