ヘアスタイリスト得々情報 週刊「スタイリスト情報」

過去問題DB ID: Password:

ジャンル別検索

理容理論 - レザーの運行

問題 シェービングの基本技術に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)ラザーリングは2回行うが、1回目のラザーリングは、皮膚とひげの水分を保ち、シェービングしやすくすることが目的である。
(2)添え手とは、手指によりシェービングに適した皮膚の状態にする技法である。
(3)毛がかたくて量も多く抵抗が大きい場合、対比角度は小さくして運行する。
(4)レザーは、皮膚に均等にあてて剃るためには円弧状に運行するのが原則である。
(第42回 2020年9月6日出題)
問題 シェービングに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)レザーの運行速度は、1ストローク1秒くらいが標準である。
(2)皮膚表面の角質を削りやすいので、同じ部位を繰り返し剃らない。
(3)レザーの斜行角度は、毛流の方向に対して45度以内が原則である。
(4)1回剃りは、毛流の真横又は斜め下から行うようにする。
(第42回 2020年9月6日出題)
問題 レザーの形態と機能に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)ハンドルは刀身との重量のバランスをとり、レザーの運行を円滑にする。
(2)ハンドルは原則として刀背側に45度開いて使用する。
(3)ハンドルを45度未満に開くと、皮膚との接触が弱くなる。
(4)日本かみそり型ホルダーは、ハンドルがないので手指による圧力の加減が必要である。
(第41回 2020年3月1日出題)